【釣行】カヤック第35戦-秋のスーパークオリティ50UP捕獲!!-

【釣行】カヤック第35戦-秋のスーパークオリティ50UP捕獲!!-

待ちに待った週末!晩秋のカヤック第35戦…



11月3日 AM5:30-10:00 カヤック釣行

福岡出張から帰ってきた週末は疲れすぎて(釣りでじゃないよ、仕事と移動でだよ)カヤックはお休みでした。

そして長い長い平日トンネルを抜けてようやく迎えた週末…

微妙に寝坊したんですが、日の出がすっかり遅くなりましたね。AM5:30出船でもまだ夜明けに間に合うほどです。

早朝オンリーのバサーには厳しい季節になってきましたね(;´д`)

しかし、この日は嫁さんにお願いしていつもより長めに時間とってもらいました。ありがたや…

というわけで、まずは朝イチに短いテトラ帯をいくつか攻めてみる。

 

も、特に何も起こらず。。。

 

水温はまだ全然低くなっていませんが(たぶん16℃前後)、水位がどんどん冬の状態に近づいてきているので、その辺を意識した動きしてるのかな?ということでポイントを大きく移動。

 

クリアアップしていることも踏まえてナチュラルカラーのS字でサーチ。

すると、デカイ魚がチェイスしてきた!

…ってあれシーバス(60~70クラス)や…と思ってみていたら、その後ろにバスも。

サイズは45くらいはありそう。

まぁ安定のチェイスのみな訳ですが、少し場所をズラしてしばらくやってると再度デカバスがチェイスしてくる!…も、まぁやっぱ食わないわけです。

 

うーん、アプローチやルアーのレンジが合ってないのかもしれないけど、ここら辺についてるバス、ちょっと一筋縄ではいかなそうな雰囲気。

 

とりあえず見切って一旦上流に進んでいると、ちょっと風が吹いてきた&なんとなく濁りが入ってきた…

 

ジョイクロチェイスから1時間後、再びチェイスのあったストレッチに戻ってきました。

 

さぁどうするべきか?

 

濁りも入ってきたし、視認性的にS字の動きを見ながら食わせる釣りは難しそう…

っていうかまたチェイスだけさせてバスを移動させたら、もうアウトな気がする。

食わせのスイムジグ?いやいや、それなら一発リアクション狙いか…

流れでえぐられている地形なので、水深は岸ベタでも1~2mくらいある。

それならば季節的にもビッグスプーンでイケるか?

…いやいや、多少濁ってきたからとはいえ強すぎる感が否めない…

それに所々にカバーも絡んでるストレッチなので根がかり→場所つぶしのリスクもある。

 

じゃあ…

 

と選んだのはディーパーレンジ1/2oz。

これを岸ベタに打ち込んでカーブフォールでバスを直撃する。

 

答えはすぐに出ました。

 

撃ち始めて数投で、フォール中にギューン!!

これはデカイ…とすぐわかりましたが、姿を見て想像以上の魚体に超焦る…

 

「頼む!」「頼む!」

 

必死の形相でネットを構える。

ちっこいラバーネットでは中々捕らえられないも、数回トライして何とかネットイン!

 

「ォヨォォシ!ヨォォォシ!」

 

…良い大人が本当に恥ずかしい…川の上でひとり、叫び、そして涙を滲ませました。

▲ラージマウスバス 52㎝(2,370g)

【使用タックル】

  • リール:カルカッタコンクエスト100(95mmハンドルカスタム)

チェイスによる魚体の目視から場所の絞り込み、タイミングの見極め、ルアーのチェンジ、不自由なカヤック上でのファイトからのキャッチ…

 

…これだからバス釣りは…

 

さらに言えば、ヒットルアーは奇しくも春に特大をバラしたものと同じものでした。

ワイヤーひん曲がり、フックを外すときにカエシをつぶしたので、これにて引退ですね。

その後は手足ガクガクブルブル、あまり釣りにならず…笑

出船場所に戻る過程で、スイムジグでバイトっぽいものが一回あるも、それでタイムアップ、終了となりました。

本日のルアー

半分くらいはリザクロとビッグベイトを投げていました。

冬前後の季節の変わり目、強い釣りで引っ張れれば、確実に釣れる魚はデカイですからね。

釣行を振り返って

バス釣りには色んなスタイルがあって、どれも奥深く楽しいものだと思いますが、やっぱり自分には今のスタイルだなぁと実感しました。

ルアーに縛りを設けず、色んな可能性を探りながら水面に一人、デカイ魚を狙っていく。

キャッチしたときのアドレナリンドバドバ感がやばいんですよ。

もちろん他のバサーさんと一緒に釣りするのは楽しいし勉強になるんですが、一番はコレだなぁと。

完全に中毒者ですね…汗

 

デカイの1本獲ったらシーズンオフや的なこと言っておりましたが、すみません、なんか11月なのにまだまだ暖かいし、オフはちょっと先延ばしさせてくださいませ。笑