【コラム】釣りゴミ問題-ちょっとした3つの提案-

【コラム】釣りゴミ問題-ちょっとした3つの提案-

先日Twitterでつぶやいたゴミ問題について。

自分は昨年12月にTwitterを始めて、現在のフォロワーさんは100人ちょっと。

フォロワー数が多いの方や、著名な方なら『いいね』100超えとかザラにあるんでしょうが、自分のツイートでここまで『いいね』してもらえたのは驚きました。

釣りゴミ問題=ちょっとしたタブーネタ感があって、あまり記事にはしたくないなと思ってたんですが…これだけの方々に共感いただけたんなら、せっかくなんで自分の考えをまとめてみようかなと思い、記事にすることとしました。

フィールドの美化に努めよう!!…とは言えない

個人的な感覚として、積極的にフィールド美化を呼びかけたりって中々できません。

だって、釣りしない人から『ゴミ拾いとか言ってやがるけど、お前ら釣りしてる以上、根掛かりだなんだでゴミ捨ててくんじゃねぇか』と言われたら、ぐうの音も出ないからです…

フィールドの美化を周囲に呼びかけて、積極的にクリーン活動を実施することって、本当に素晴らしいし凄いことだと思います。ですが、わたしはそのレベルにはなれていません。

ぶっちゃけゴミ拾いなんかしたくない

つかじーさんアンケートの結果からわかるように、ゴミ拾いはしてるけどぶっちゃけ嫌々仕方なくやってます、または人のゴミを拾うなんてゴメンだ、という人が大半を占めています。


 自分は上から二番目に投票した人です。

だってゴミ拾うと、オカッパリで歩き回るのに邪魔になるし、手と汚れるし、まとめたゴミを家に持ち帰るのまぁまぁ気持ち悪いし…

けれども…

ここまで酷いと、流石に黙って見過ごせなくて。

これまではおかっぱりのときはゴミ拾ったり、拾わなかったり、色々でしたが、つかじーさんの呼びかけに応えたのもあり、最近は毎回少しでもゴミ拾いするように心がけています。

3つのちょっとした提案

嫌々ゴミ拾いするような心の狭いこんな私でも、『ゴミだらけのフィールドが少しでもマシになったらいいな』と思ったりします。

そんなわけでちょっとした3つの提案を書きます。

もうちょっと『普通の感覚』を取り戻してほしい

サッカーや野球、テニスやバスケする人って、コートに食べ物・飲み物のゴミやタバコの吸い殻をポイ捨てしませんよね…?それは当然ながら、そのスポーツの初心者の人だって、同じですよね。

ゴミをポイ捨てするような人って、釣りのエントリー層が多いというのは多分そうなんでしょうけど、普通の感覚でいれば、釣り歴関係なく、自分の遊び場にゴミ捲きなんてしません。

『ラインの切れ端ひとつだって落としていくなよ!!』なんていうわけじゃなく、ごく普通に、持ってきたカンビンペットボトル、ビニール袋、タバコの箱など、そのまま持ち帰ってほしいです。

ルアーはタックルボックスに入れてフィールドに持って行ってあげてほしい

Twitterでもつぶやきましたが、自分でお金を払って新しく買ったルアー、もっと大切にしてあげてください。

パッケージにしまわれたたまフィールドに持っていき、開封して用のなくなったパッケージはその場にポイ…ではなく、家で開封して自分のタックルボックスに収めてみたり、手持ちのルアーと比べてみたり、ルアーパッケージに書かれているメーカーの説明を読んでみてください。丁寧にルアーの使い方を解説してくれていますよ。

釣具屋さんで買い物した足でそのままフィールドきた方は、車の中とかで開封して、ルアーだけバッグに入れて持って行ってあげてください。そうすれば、荷物もかさ張らなくて済みますよ。

余裕があれば一個でもゴミ拾ってみてほしい

これまでフィールドでゴミを拾ったことない方、偽善でもなんでも良いので、心の余裕があるときに一個でもゴミ拾ってみてください。

自分がそうでしたが、一度拾ってみると、それまで視界に入っていたにもかかわらず、ちゃんと『ゴミ』と認識していなかったゴミがフィールドに溢れかえっていることに気がつきます。

小さなタバコの吸い殻ひとつでも、釣り人が来なければそこに存在しなかったはずのゴミです。

そして釣り人に拾われなければ、そこにはずっとゴミとして存在し続けます。

もしも心に留まれば…

一個人の勝手な提案ですから、心に留まれば実施してもらいたいです。

でも、『それでもおれはルアーをパッケージのままフィールドに持ってて、現場開封するぜ!(用のなくなったパケはその場に放置していくぜ)』という方は…はい、見かけたらこちらで拾っておきますので大丈夫です!!

釣具店やメディアにもう少しゴミ問題を直視してほしい

再びつかじーさんのTwitterアンケート引用ですが、バス釣りやっている8割は、この釣りゴミ問題と関わりが深いおかっぱりバサーです。

そしておかっぱりバサーには、ゴミ問題やマナーなどには疎い、エントリー層が多く含まれています。

結局、釣りブログやSNSで、一個人が情報発信したところで、残念ながらこのエントリー層にはほとんど届かないんですよね、恐らく。

それ故、エントリー層の情報源となっている釣具屋さんやメディアからの情報って、もの凄く影響が大きいと思うのです。

自分たちが製造や販売した商材の一部が、フィールドにゴミとして放置されている現実をもっと直視してほしいです。

そして、新製品やセール情報と同じくらい、釣り場のゴミ問題やマナーに関して情報発信してほしいなと思います。

※もちろんフィールドの美化活動に注力されているメディア関係の方がいることや、地域のお店があるのは重々理解しています、応援してます。

まとめ

現状は釣り人の多いフィールド=ゴミの多いフィールドです。

つまりは拾う人よりも捨てる人の方が多いんです。

この現実を、多くの人に残念に感じてほしいです。

週末はまたおかっぱりですが、凸が続いているので、ゴミ拾いながら徳を積んで、どうにか釣果につなげたいと思います。。。笑