【インプレ】自称ポンパドール使いが語るポンパのメリット、そしてメガポンパへの期待

【インプレ】自称ポンパドール使いが語るポンパのメリット、そしてメガポンパへの期待

ジャッカルの2018年ニューアイテム一発目のメガポンパドール。

私は期待している派です(∩´∀`∩)

好きです、ポンパドール

ポンパドールを酷評する人って結構いますよね。笑

確かに昔からあるような羽根モノや、それこそダッジやアベンタなどのフィネスな羽根モノから入った人からしたら『何このワッシャワッシャ動くクロール…』と思うかも?

でも私はポンパドールが好きです。

否、もはやいないと困る存在にまでなっています。

みかん的ポンパドールのメリット

近年リバーバッシングがメインになっている私目線からだと、ポンパのメリットは大きく2つあります。

(1) 流れの中でも力強いクロールが可能

流れの速いエリアで羽根モノをアップクロス(上流側にキャストして下流側にリトリーブしてくる)で使う場合、ほとんどの羽根モノはまともに泳がせられません。(もちろん流速によりけりですが)

しかしポンパの場合、可動するウエイトによってボディをしっかり左右に倒しながらクロールしてくれます。

流れのある場所でしっかりアピールできるクローラーベイト…これって色々探しましたが、今のところ私の中ではポンパがベストです。

(2) 着水後、即座にアクション可能

ポンパでは、例えばブッシュのえぐれのようなピンポイントに撃ち込み、ノーステイで連続トゥイッチをして、着水後に慌てて逃げる生き物を演出…というアプローチをよくやります。(このアプローチのメリット手返しの良さとバスに見切らせずにバイトさせられるということです)

これをやる場合、ルアーは高浮力であること・ワンアクション目から羽根が開いて動き始めることが必要です。

例えばもう1つの溺愛中型羽根モノ「ヤマトクローラー」ではコレができません…浮力が弱すぎます。

 

また、去年から使い始めたばかりですが、このアプローチにはオリジナルサイズよりもジュニアの方が良さげです。小さい故に、込み入ったカバー際にぶち込んでも根掛かりにくく、トゥイッチへのレスポンスもジュニアの方が良いです。

オリジナルとジュニアの使い分けをし始めてから、ポンパ愛はさらに深まりました。

みかん的ポンパドールのデメリット

ハイアピール、しかも水面系ルアーですから、厳しめな関東フィールドではオープンウォーターに投げて、いつでも巻くだけで釣れるようなルアーではないと思います。(特にオリジナルサイズは)

時合いを見計らって、バスがアグレッシブなタイミングで投入するとか、上に書いたようなあまり人がやらないアプローチをやったりすることが大事だと思います。

メガポンパへの期待

つかじーさんも書いてましたが、メガポンパは、デッドスロー特化のデカ羽根モノよりも巻き速度が一段階早いとこがストライクゾーンっぽいですよね。

 

動画を見るに、力強いクロールが印象的なので、自分的には「ダッジなどでは泳げない、流れのあるデカバスポイント」で投入してみたいです。

ただウエイトが57g、オリジナルポンパの2倍以上ということで、中々のサイズ感…個人的にはキャスタビリティを考慮して1.5ozくらいで抑えられてると嬉しかったかも?

とは言え、個人的には2018年気になるルアー上位に食い込んでるのは間違いありません。

とりあえず暫くは入手困難状態が続きそうな悪寒ですが、6月くらいまでには手に入れたいところです…

ガンバレ自分。・゜・(ノД`)・゜・。