【コラム】続・昔話★反町さんの言葉に原点を思い返す

【コラム】続・昔話★反町さんの言葉に原点を思い返す

前回記事

Yahoo!ニュース: 反町隆史 バス釣りから学んだ俳優業のノウハウ 腕前はプロ級

昨日の続きです(笑)

生涯2匹目のバスを釣り上げた後…

一年間の苦労の末に釣り上げた生涯2匹目のバス。

なんとも不思議だったのですが、このバスが釣れたあとは、3回に1回の釣行で、さらに2回に1回の釣行で、という具合に、コンスタントにバスをキャッチできるようになっていったのです。

生涯2匹目のバスを釣り上げた約2ヶ月後には、35cmのスーパービッグバスを釣り上げました。(当時の同級生たちには中々信じてもらえませんでしたw)

同級生たちの中で再熱したバス釣りブーム、しかし…

その後、バスの釣り方や釣れるポイントなどが同級生たちにも広まっていき、また再び釣りする人が増えていきました。

友達とワイワイ釣りするのは楽しかった反面、『なんか違うな…』と思うことも多くありました。
それを言葉で表すのは結構難しいのですが、自分と周りには温度差みたいなものがあって。『バス釣りって簡単、バスってこんなの(ルアー)で釣れるからバカなんだな』と口にしたり、せっかくバスが釣れても、釣れたバスをぞんざいに扱ったり。

釣れなくても1年間しぶとく釣りを続けていた自分を棚にあげていた面も、当時若干あったとは思いますが、やっぱり周りと自分ではブラックバスという魚に対する思いがだいぶ違かったのではないかなと思います。

その証拠に、再熱したバスブームは暫くしたら収まり、また同級生が1人また1人と釣りをやめていきました。

結局、中高生になっても変わらずチャリ漕いで野池に通っていたのは、自分1人だけでしたね…

反町さんの想いに超共感 

反町さんと私では、若干年代による、差はあると思いますが、当時、バス釣りの情報なんて、釣り雑誌くらいでしたし、周りにバス釣りが詳しい大人なんて1人もいませんでした。

カリカリ鳴るスピニングリールに16lbくらいのゴワゴワラインを巻き、その先に曲がったワームやフック錆びまくりのルアーを付けて、『何が間違ってるんだろう?』と試行錯誤する日々。

それを経て、1匹の魚をキャッチした経験というのは、その後の人生に影響を与えてしまうほど、ものすごいインパクトだったのです。

だから今もこうして釣りをやめずにいるんだと思います。

反町さんも同じなんじゃないかな。

バス釣りは奥が深い趣味のはず 

バス釣りに対する考え方はバサーそれぞれあると思いますが、自分はこの趣味を、本当に奥が深いものだと思っています。

だから自分は、『バスって簡単に釣れるよね?』『このルアーはただ巻くだけで釣れるんですよ?』『このバス、バカだな?』なんてことを安易に口にする人とは、釣りの話はしません(笑)

難しいから面白いわけで。

原点を振り返ると、自分のやりたい釣りが見えてくる? 

話を戻すと、結局自分にとって自己満足感の高い釣りというのは、苦しんだ末に釣れた魚に価値を感じるんだなと。

もちろん、他の誰かに教わった釣り方、ポイントで魚を釣り上げることに意味がないということではありません。

自分もそうやって釣らせてもらうこともあるし、凄く勉強になるし、ありがたいし…(笑)

ただ、強烈な記憶にはならないというか。

それこそ極論、凄く小さな池(どクリアウォーター)で、ロクマルがうじゃうじゃ泳いでいる中、同行者に『この池でこのルアー投げれば、そこに泳いでるロクマル絶対釣れるから。』と言われ、一投目で釣れたロクマルに、自分は満足できるのか?ということです。

多分、ノーカウントですよね。

まとまりませんが、そういうことです(笑)

最後に 

反町さんが主演している『相棒ー劇場版Ⅳー』、絶賛公開中です。

私は中々子ども連れては映画館行けないので難しいですが…汗

是非皆様どうぞよろしく/(^o^)\★

相棒ー劇場版Ⅳー