【安全対策】シットインカヤックが浸水!?万が一の事態に備える

【安全対策】シットインカヤックが浸水!?万が一の事態に備える

SNSではつぶやいていたのですが、実はカヤック第10戦では、マイカヤックに浸水が発生し、急遽上陸して状況確認をする(そして悩んだ挙句、一旦落ち着くために暫くオカッパリで釣りするという謎の行動を起こす…)という事態が発生していました(;´Д`)

自戒の念を込めて、万が一の事態に対する備えについて考えます!!



カヤック第10戦の浸水事件

AM5:00過ぎにいつも通り出船準備をしていたわたし。

この日はあまり使わない「チョコレート板状の斜め護岸」から気合の出船をしました。

何に気合が必要だったかというと、激しい減水のせいで、水位が低すぎて通常大体は水がかぶっているテトラがほぼ剥き出し(;´Д`)

撤収時に撮影した状況。まぁマネしちゃダメなやつです…

ちょっとあぶねぇな・・・と思いつつ、もうカヤック降ろして荷物積んじゃっているし・・・ということでそのまま出船。

出船後はそのまま釣りをしながら下流に流れていき30分くらい経過しました。

ここで異変に気が付く。

 

「なんか船内に水入りすぎてないか…?」

 

カヤックはパドリング時にパドルからちょこちょこ水が滴ってくるため、ある程度は船底に水が集まってはきます。

しかしいつもより明らかに多い・・・よねコレ!?

ということで急遽、浅瀬に着岸して状況確認。

船底を確認すると・・・キール(船尾の水切り)を保護していたアルミ板がなくなっている(;´Д`)

実は、扱いが雑すぎて、自分のカヤックには以前から小さな穴が開いていたのですが、それをコーキング+アルミ板でカバーしていたのです・・・

どうやら出船時に護岸やテトラでガリガリやってしまったことでそれが剥がれてしまったようなんですね・・・

しかしここで困ったことが「応急処置グッズを何も持っていない」ということでした(;´Д`)

 

ただ幸いにも浸水の程度はかなりゆっくりで僅か・・・

 

出船場所に戻るには上りで500mくらい漕がなくてはですが、後述する排水グッズは常備していたため、帰着を決断してパドリング!・・・無事に出船場所まで戻れ、事無きを得ましたとさ・・・(~_~;)(1枚目の画像に戻る)

絶対に常備していたい排水グッズ

今回、応急処置グッズは持ち合わせていなかったのは失態だったと振り返ります。

しかしそこまで焦らずに対応できたのは、幸いにも常備している排水グッズがあったからです。

その排水グッズというのがいつも股の下ににセットしている「セルローススポンジ」。

これは以前も紹介したことがあるのですが、こいつに吸水させて絞り出せば、結構な量でも手軽に排水することができます!

実際に浸水したカヤックから排水している様子

普段からパドルから滴る水を吸水させる目的で置いているのですが、雨釣行でも凄く活躍しますし、今回のような浸水時にも使えます。

しばらく使うと劣化するので消耗品ですが、これは本当にオススメです。

まずは安全確認からしっかりと

それと今回反省することは、「浸水に暫く気がつかなった」ということでした。

基本中の基本ではありますが、安全確認は確実に行うべきだなと。

出船後、釣りを始める前に異常がないかを今後はこれまで以上によくよく確認したいと思います。

万が一のときの応急処置

それでも釣りの最中、意図せず水面直下の障害物に乗り上げたりぶつかったりすることは自分の場合よくあります。

それを考えればやはり応急処置に必要なものは持ち合わせておくべきだなと感じました。

この機会に常備を決めたものは以下のものたちです!

瞬間接着剤

心もとないですが小さい穴や割れなら速乾性の瞬間接着剤は効果ありだと思います。

ガムテープやビニールテープ

大雑把だけどテープなら広い範囲に使えるし、何重にも保護してしまえば出船場所に戻るくらいは耐えられるはず!

シリコンコーク・シリコンパテ

シリコンコークは固まるのに時間はかかりますが、力の掛からない部分なら塗ってしまえばそれだけである程度水の浸入を防げます。

しかしシリコンコークよりも最近ホムセンで見つけた「テープ状コーク」という代物、これが更に良さそうだなと…!

硬化時間もなく、カヤックだけでなくアルミやレンタルボートにも万が一のとき役に立ちそうです!

先日ホムセン寄った際には迷って買わずだったんですが、やはり良さそうなので今後買う可能性大です。

まとめ

浸水事件の反省からその対策について考えてみました。

トラブルを起こさないのが一番ではありますが、せっかく釣り場まで足を運んでいるのですから、多少のトラブルあっても釣りを継続できるよう備えておきたいものです。

備えあれば憂いなし!安全あってのレジャーですからねm(._.)m

 

★カヤックバスフィッシングのHOW TO記事は全て下記ページにまとめていますので、興味のある方は是非★