【ルアーチューン】続・デビルスイマーチューニング方法

【ルアーチューン】続・デビルスイマーチューニング方法

前回記事はコチラから↓

前回記事を読んでくれた友人から「前に言っていたブラシガード、あんなんすぐ抜けちゃうんじゃないの?」と質問がきたので、その件について。

加えて、「真っすぐ泳いでくれないスイムベイト」のチューニングについても。

ブラシガードを抜けなくする方法

前回記事に書いていたスイムベイトのお腹にブラシガードをぶっ刺すチューニングですが、ブラシガードの先端はこんな感じに処理してあります↓

プライヤーなどでブラシガードの先端を折り曲げ、鋭角に曲がった部分からブスっといきます(‘ω’)

簡単な話なんですが、こうすると、スキッピングさせようがフルキャストしようが、全く抜けません。

真っすぐ泳がないスイムベイトのチューニング

ブラシガードの話だけじゃなんなんで、加えて、真っすぐ泳がないスイムベイトのチューニング方法について。

少し前に買ったデビスイ(オリジナルモデル)なんですが、ハズレ個体?なのか、どうも真っすぐ泳いでくれなくて、チューニングに苦労していました。状態としては…

こんな感じに傾いた状態で泳いでしまうというもの。巻く速度がゆっくりなほど、顕著に傾きます。

顎下にシンカー打っても改善されないし、軽くトゥルーチューンしてもダメだしで、色々と試行錯誤したのですが…

こんな感じで頬の部分にネイルシンカー(たしか0.8gくらいのもの)を差し込むことで、見事に改善してくれました。

▲うまく埋め込めばほぼ目立ちません。

チューニングのポイント

ネイルシンカーを打つ場合、ラインアイに近い方がいいです。

テールの方に行くに従い、シンカーを入れる位置について、少しのズレでも影響が大きくなる印象です。

シンカー自体は、調整する幅にもよると思いますが、0.5~1.0gくらいの小さなものでも、十分効果があると思います。

まとめ

チューニング内容については細かい話なんですが、真っすぐ泳がないスイムベイトなんて、まったくもって釣れる気がしません。笑笑

羽根モノもそうですが、巻き速度がゆっくりになるほど、少しの狂いもルアーアクションに影響が出てきます。

手持ちのルアーをベストセッティングにしてあげて、冬~早春のシビアなバスに立ち向かいましょう(=゚ω゚)ノ