【インプレ】ルアー回収機“ルーバ【ウノ】”その2

【インプレ】ルアー回収機“ルーバ【ウノ】”その2

最近つかじーさんや井伏さんがルアー回収機の【ルーバウノ】ネタを記事にしていたので、便乗して、ずっと下書き保存して放置していたルーバウノのインプレ記事その2をアップしますヽ(´ー`)

※ルーバ【ウノ】公式サイトはこちら

使い始めて2シーズンたち、もはや完全に手放せなくなっているルーバですが、使っていく中で起きた失敗談などもありますので、それについてインプレ その1に付け加えをしたいと思います。

スイベルスナップvsスナップのみ 回収率は変わるか?

以前も何度か書いたことありますが、私はハードルアーはもちろん、ワイヤーベイトやワームジグやるにもスイベルスナップを使う人です。

しかし小型ルアーや4インチ以下のNSワームを使用する際は、どうにもスイベルの存在が気になり、スナップオンリーで使う場合もあります。

で、ルーバウノの使用についてはインプレ その1で書いているとおり、メーカー推奨はスイベルスナップ使用なんですが、スナップのみじゃ回収できないかと言うと、そんなことはありません、回収できることも結構ありました。

しかし回収率はスナップスイベルよりもやはり劣ります。

回収できない事例は主に以下の2パターン。

⑴スナップがぶっ壊れた

スナップのみで使用する場合、多くはスナップの横渡になっている部分に回収機の爪が引っかかり、この状態でロープを引っ張ることになります。

故に、スナップはラインの結び目から引っ張られるよりも、だいぶ壊れやすくなりますので、スナップのみ生還してくるというケースは何回かありました。

↑スナップ強度とフック強度の兼ね合いにもよりますので、一概には言えませんが…

⑵ラインの結び目に食いついてブレイク

じゃあデカくて強いスナップのみにすれば良いかというと、そうでもありませんでした。

スナップがデカくなると、回収機の爪が食いつきにくい感じを受けます。

そして、そのときに食いつかせようと回収機を揺すっていると爪の隙間がラインの結び目に食いつくことがあります。

知らずにその状態で引っ張るとラインブレイク、結び目だけ生還してくるというケースも何回かありました。

↑コレなったときの虚しさはやばいです…

メーカー推奨が間違いない

スイベルスナップ使用時は、⑴と⑵のようなことは起きません。やはりメーカー推奨に従うのがベストだとは思います。

でも、上記にも書いているように、伸びやすいフックを使っていれば、スナップは壊れませんし、スナップのみがダメってわけではありませんので。

一代目ルーバウノが殉職していた件

最初に購入したルーバウノですが、実は1年くらい前に殉職させました。

ゴロタエリアでワームを引っ掛け、救出に向かったところ、ロープがゴロタの間に入り込み(?)引っ張ってもうんともすんとも言わず、最終的に無理矢理引っ張ったら、ロープブチ切れました…

ルーバウノは、回収機ヘッドが比較的軽いのですが、それを離れた水中にうまく送り込めるよう、割と細いロープが使われています。(ダイワのルアー回収機とかの方が太い)

ロープがブチ切れた以前にも、ゴロタエリアで引っ掛け、命からがら回収機を回収したことも2回ほどやってるので、そのときにロープが傷ついていた可能性も高いです。

ロープの劣化が見られる場合には、ロープの先を少しカットして結び直したりする方が良いかと思います。

また、ジャカゴやゴロタなど、回収機自体が殉職する危険性が高い場所については、使用するか良く考えた方が良いです。

私みたいに、ワーム一本回収するのに4500円のルーバを殉職させるのって、超絶泣けるので…涙

※でも最近つかじーさんに『ルーバはパーツバラ売りしてる』ということを教わり、メーカーHP見てみたら確かにFAQに【万が一無くしてしまったら、メーカーでは部品だけの販売も承ります。お気軽にご相談ください】との記述が…今度パーツバラ売りについてメーカーに問い合わせてみようと思うので、わかったら追記します。

追記↓問い合わせた結果…!!

 

ルーバウノには稀に当たりハズレありかもという件

一代目を殉職させてすぐに購入し直した二代目ルーバウノですが、一代目と比較して、かな〜りリール部分の回転が悪いです。

巻き取り時にリール内に引っかかる部分があって、スムーズに巻き取れなかったり、ロープを出す際もスムーズに出て行きません。

オイルを差したくらいじゃ改善しないので、完全にバラしたりしないと直らなそうです。多分不良品…

回収率に影響はないことですが、これは使っていて結構なストレス。

結局、その後1代目のリールにロープを巻き替えて使用することにしました。

レアケースだとは思いますが、ちょっと要注意です。

※今考えるとすぐにお店に返品という手もありましたが、そのときは『まぁしゃーないか』程度に思ってました…失敗orz

まとめ

これまで使ってみて書けることはこんなところです。

若干悪い部分も書いていますが、総じてルーバウノ、オカッパリでもカヤックでも、完全に手放せなくなっています。

カヤックなら回収棒を装備しておくのも一つの手ですが、カヤックは狭いので、回収棒は結構邪魔になると思います。

ルーバは超コンパクトで、しかもカヤックなら真上から回収機ヘッドを落とせるので、回収率はかなり高いです。

水中にゴミをなるべく残さない!という観点からも、ルアー回収機は本当にオススメです。

ルーバウノは、値段ちと高すぎじゃね?とも思われがちですが、頻繁に現場出る人ならば、恐らく数ヶ月で元が取れます。

というわけで、回収機なしでオカッパリやっている方々、是非導入を検討してみてはいかがでしょう。。。/(^o^)\

追記:スイベルスナップについて、オススメのものやスイベルの効果について、つかじーさんも書いておりますので参考に★

※本記事はナチュログ時代に投稿した記事をリライトしたものです。