【インプレ】ルアー回収機“ルーバウノ”追加情報

【インプレ】ルアー回収機“ルーバウノ”追加情報

関連記事はコチラ↓

オカッパリ必須のアイテムと言っても過言でない、ルアー回収機 ルーバウノ
遅くなってしまいましたが、インプレその2に加えて、追加情報があるので、シェアします。



安心してください、ヘッドだけ買えます!

先日メーカーに連絡したところ、以下とおりでした。

Q. ルーバウノを使っていて、回収機のヘッドだけをロストしてしまいました。新しいヘッドだけ購入することはできますか?

A. はい、ヘッドのみご提供できます。ご購入いただいた釣具店にお申し出ください。ルーバウノの『ヘッドのみ』であれば、おそらく2500円程度でご提供できます。釣具店で受け付けてもらえない場合には、弊社にご連絡くだされば直接ご提供させていただきます。しかし、取り扱い釣具店経由でなく直接お送りさせていただくとなると、別途送料と代引き手数料が発生しますので、それにつきましてはご了承ください。(※2017年2月時点)

…というわけで、ヘッドのみ買えます!

まぁ私のような無理な使い方でヘッドをロストしないことが1番ですが…

ルーバウノは、店頭価格で5000円程度。

もしもリール部分とロープが生きてるのであれば、半額でまた回収機を復活させられることを考えたら…コレを活用しない手はないですね!!

ルーバウノ、リール部分のメンテナンス方法

インプレその2で書いたのですが、私が買った2台目のルーバは、明らかにリール部分に不具合がありました。

回転させるとある部分で引っかかりがあり、回りが非常に悪かったのです。

メーカーにそのことを相談したところ、もしかしたら内部にバリが残ってしまっているかも?とのこと。中を開いて確認してもらえれば、すぐに原因がわかると思うんだけど…と。

ちょっと待って、中を開くってどうやって?

▲…中央の「LUBA」のシールを剥がすとビスが…!!

メーカーに電話する前は、本気で『コレどうバラすんだ…?』とか悩んでましたが、今考えれば何故気付かなかったのかと(汗)

で、バラしてみると、ビックリするシンプルさ。

ちょっと待てよこのリール部分だけで約2500円て…いやいや、こんな素晴らしい商品を生み出してくれたメーカーさんには超感謝なんですけどね…(´∀`; )

とりあえず確認してみると、やはりどこかしらが摩耗してプラスチック粉が軸についている感じです。でもハッキリわかるようなバリとか突起とかはなく…というわけで、軸やスプール部分内側を軽くヤスリがけしたりオイルさしたりしてみたら…

↑修正です(・・;)改めてよくよく観察してみたところ、バリ発見です

赤丸つけた二箇所に、わずかな突起があり、ゆっくり回しながら確認していくと、これが干渉していたようです。

このバリを削りとったら、本当にスムーズに回転するようになりました!!

LUBAのシールがよれてしまいますが『長年使ってて中にゴミが詰まっちゃって…』とか、私のように『買ったばかりなのになんか回転がスムーズじゃない…』なんて状況がありましたら、お試しください

まとめ

ルーバウノ販売元の(株)スズセンさん、色々教えてくれてありがとうございました!

最近、私のブログ読んでくれている人の中でも、ルーバ使用者が1人・2人と増えています。カナダの西根さんやオジャガのつかじーさんなど、多くのエキスパートな人達も愛用している素晴らしいツールです。

こだわって造形・塗装されたどんなに美しいルアーでも、水中に残されたら、ただのゴミ。

根掛かり回収機を使って、自然にもお財布にも優しいバサーになりましょう/(^o^)\www

※本記事はナチュログ時代の記事をリライトしたものです。